ハーレーなどのバイクオーナーに人気のパーツブランドEASYRIDERSのヘルメット

ヘルメットを持ったライダー

バイクパーツブランドのEASYRIDERS(イージーライダース)では、ハーレードライバーなどバイク好きにはたまらない各種ヘルメットを取り揃えています。シェル素材には丈夫で耐久性の高いFRPを使用しており、インナーには快適に身に付けられるようにウレタンクッションを敷き詰めているのです。

サイズはS~XLまで用意されているので、老若男女を問わず被ることができます。
料金はそれぞれのヘルメットごとに違いますが、だいたい1万円から3万円程度となっています。カラーバリエーションはホワイトとブラックの種類があり、自分の好みに合わせて選ぶことが可能です。

EASYRIDERSのヘルメットで人気なのが、装飾用として製作されたギャングスタ―ダブルストラップです。この商品は1万円前後というリーズナブルな値段で販売されており、EASYRIDERS公式通販サイトならばウェブ会員価格としてさらに安く購入することも可能です。サイズはフリーサイズとなっていて、参考寸法としては全周580mm、全幅150mm、全長210mm、高さ120mmとなります。ダブルストラップの角度や長さに工夫が施されているため、シングルストラップよりも安定して頭に装着することができます。

注意点としては、装飾用かつ規格外のヘルメット製品であり、これを身に付けて公道を走行することはできません。
専ら私道および自宅敷地内での使用に限定されている点です。

展示会で

EASYRIDERSでは、オールドビンテージヘルメットという商品も取り扱っています。帽体素材がFRP製なのは他のEASYRIDERSヘルメットと同様ですが、内装にEPSを採用しているのが大きな違いです。そのため装着時に抜群のフィット感を誇り、ずれる心配をせずに頭を自由に動かすことができます。
サイズも57cm~60cmのフリーサイズを採用しているので、男女の別なく被ることが可能です。デメリットとしては製品の仕様上、帽体が湾曲しているため、スナップシールドなど一部のパーツとの併用が難しいことです。しかし反面、顎のラインにEASYRIDERSオリジナルアーチ規格を用いており、一般的なヘルメットよりも被りやすくなっています。

ハーレーのマフラーにもっと重低音が欲しい?そんなときは「Khrome Werks」

ハーレーカスタム

世界的にも有名なオートバイブランドのハーレー。様々な魅力がありますが、なんといってもあの空気を揺さぶるようなマフラー音に心惹かれる人も多いのではないでしょうか。
しかし、ハーレーのオートバイを買ったのは良いものの、自分の思ったようなマフラー音が出ない・・・ということはがあったのではないでしょうか。

Khrome Werks(クロームワークス)とは、バイクアクセサリーや各種パーツを製作・販売しているアメリカのメーカーです。中でもKhrome Werksのスリップオンマフラーは、迫力ある重低音で非常に人気の高いパーツとなっています。この重低音は、内部の特殊なHP-PLUSと呼ばれる機構によるもので、エキゾーストパイプから送られた排気に脈流を作ることで魅力的な重低音を作っているのです。スリップオンマフラーということもあり、エキゾーストパイプはそのままに手軽にビジュアルやサウンドを変更でき、交換作業も比較的簡単で、商品の価格も手ごろなものになっています。
そして、サイレンサー部分の太さを選べるのもこのメーカーの人気の秘密。一般的に、材質の厚みが厚いほど音が低くなると言われており、例えば、2.5インチのものは爆音かつ低音が際立つものとなっており、3.0インチのものは2.5インチのものよりも音量は抑えられて低音より周波数の低い重低音が響く設計になっています。自身のお好みでカスタムしてみましょう。

ハーレー

マフラーを自分でカスタムするときには、マフラーだけでなくエアクリーナーにも気を配る必要があります。
それは、バイクが空気を多く吸い込まないことには、排気で脈流を作れないからです。
バイクも人間と一緒で、呼吸をしているのです。それなので、抜けのいいマフラーに交換する際は、是非エアクリーナーもハイフローなものに交換するのが吉です。こうすることで、サウンドが魅力的になるだけでなくエンジンの燃焼圧力が強くなり、馬力とトルクの向上が見込めます。

COPYRIGHT © ハーレーパーツ イントロダクション. ALL RIGHT RESERVED.